何千種類の酵素

2014.4.18|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

酵素という言葉は日常でもよく耳にしますが、そもそも酵素とはいったい何なのか、はっきりとはわからない人も多いかと思います。酵素パワーで汚れを落とす洗剤とか、酵素で綺麗になる洗顔料とか、酵素を飲んでアンチエイジングとか、巷にあふれる情報を集めてみると、ますますわけがわからなくなるのではないでしょうか。そこで、酵素の基礎知識をまとめてみます。 酵素は、体内での消化、吸収、代謝などの化学反応を助ける働きをします。酵素がなければ消化も吸収も代謝も行われず、生命活動そのものができなくなってしまうのです。身体の中で働く酵素は何千種類もあり、それぞれの酵素は決まった働きしかしません。つまり、消化にかかわる酵素と代謝にかかわる酵素は違うものなのです。洗剤に含まれて汚れを落とす酵素は、皮脂を分解するものや油を分解するものなど数種類が配合されて、それぞれの働きをしているのです。 他に、酵素の基礎知識としてぜひ知っておきたいことは酵素の分類です。酵素は、体内酵素と食物酵素の2種類があり、体内酵素は更に消化酵素と代謝酵素の2種類に分けられます。つまり酵素は大きく分けて3種類あるのです。脂っこいものや消化に悪いものを大量に食べると消化酵素が大量に消費され、ストレスや病気などでは代謝酵素が消費されます。外部から取り入れられ、消化酵素の働きを助けるのが食物酵素です。 体内に多くの酵素が存在することにより健康的な生活を送ることが可能になります。酵素の基礎知識を活用して、体内の酵素を無駄に消費せず、食物酵素を上手に取り入れることでより健康な生活を送りたいものです。