すべての生き物の中に存在する栄養素

2014.4.18|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

酵素とは、全ての生き物の中に存在する栄養素です。この酵素があることで、体内の全ての機能が円滑になります。酵素の基礎知識として、酵素には体内で作られる体内酵素と、植物酵素や酵素食品から摂取する食物酵素の2種類があります。さらに体内酵素は、消化酵素と代謝酵素に分けられます。消化酵素は、食べた物を消化して、栄養を吸収するために必要な酵素です。代謝酵素は、新陳代謝の促進や、免疫力・自然治癒力の向上、ホルモンバランスの調整など、全ての生命維持を行う酵素です。次の酵素の基礎知識は、酵素を必要な量だけ蓄えている体は健康であるということです。酵素を充分持っているということは、体の全ての機能が活発になっているため、老廃物を排出しやすい体になっています。そのため、腸内環境が良く、血液に毒素が混ざりにくいため血行も良好です。血行が良いと、体の隅々にまで血液が行き渡りますから、体温を上げることができ、冷え性を予防できます。ですが、現代を生きる多くの人々が、飲酒や喫煙、ストレスなどで酵素を多く消費しているため、これらの体の機能が低下している状態です。これを解決するために、食物酵素を摂取するのです。次の酵素の基礎知識は、その食物酵素を多く含む食品についてです。食物酵素には、上述の通り植物酵素と酵素食品があります。植物酵素には、納豆・キウイ・バナナ・マンゴー・パパイヤ・レタス・キャベツ・ニンジン・セロリなどがあります。酵素食品には、麹菌・乳酸菌などがあります。このような食品から、酵素を摂取することで、不足気味の酵素を補い体内の環境を改善することが出来るのです。